ニュース

欧州男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

快進撃のL.ドナルドとメジャー覇者のM.カイマーが決勝進出!

アリゾナ州マラナにあるザ・リッツ・カールトンGCで開催されている、 2011年WGC(世界ゴルフ選手権)の第1戦「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の4日目。前日発表になった予定通り7時10分から準々決勝4試合が行われ、その後に準決勝2試合へと進んだ。

準々決勝は、第1試合でルーク・ドナルド(イングランド)が、ライアン・ムーアに5アンド4の圧勝。続く第2試合はマット・クーチャーが、前半に奪ったリードを守り抜き、韓国のY.E.ヤンを2アンド1で下した。

第3試合はメジャー覇者のマーティン。カイマー(ドイツ)が、ミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)と対戦し、14番を終えて4アップのリードを奪った。しかしヒメネスも粘りを見せてドーミーホールとなった15番、16番、17番と3連続で奪い返したが、18番を引き分けてしまい、1アップでカイマーの勝利となった。

そして第4試合は10番を終えてJ.B.ホームズバッバ・ワトソン相手に大量リード。ところが、その後7ホールで5ダウン分を取り戻したワトソンが、19ホール目でついに逆転。米国PGAツアーを代表する飛ばし屋対決を制した。

そして準決勝に入るが、第1試合はドナルドがクーチャーに対して10番までに7アップと一方的な展開をする。クーチャーも意地を見せて11番、12番を取り返したが、13番でドナルドが決着をつけ6アンド5で勝利。

第2試合は息詰まる接戦となった。カイマー、ワトソンが一進一退の接戦を演じる。マッチイーブンで迎えた15番、そして16番をカイマーが奪い、17番のドーミーホールはワトソンが奪い返した。そして最終18番も共に2オンできずワトソンにもチャンスが訪れた。しかし、カイマーが3mのパーパットを沈めて決勝戦進出を決めた。決勝はイングランド対ドイツ、地元アメリカの2人は3位決定戦を戦うことになった。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権

  • 2011/02/23~2011/02/27
  • 優勝:L.ドナルド
  • 賞金総額:6,240,960
  • リッツカールトンGC(米国アリゾナ州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。