ニュース

欧州男子WGC アメリカンエキスプレス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 WGC アメリカンエキスプレス選手権
期間:09/30〜10/03 場所:マウントジュリエットエステート(アイルランド)

エルス首位をキープ!欧州勢が追い上げを図る

アイルランドにあるマウントジュリエットエステートキルケニーで開催されている、WGC(世界ゴルフ選手権)「WGC アメリカンエキスプレス選手権」の3日目。地元出身のパドレイグ・ハリントンほかヨーロッパ勢がスコアを伸ばしてきた。

今大会パッティングの調子が良いアーニー・エルス(南アフリカ)は、この日も安定したゴルフを披露。5バーディ1ボギーとスコアを確実に伸ばして、通算15アンダーで首位をがっちりキープ。今季メジャー戦では、あと一歩のところで優勝を逃してきただけに、その鬱憤を晴らしたいところ。

<< 下に続く >>

首位を2打差で追う2位には、トーマス・ビヨーン(デンマーク)がつけている。出だし1、2番で連続バーディを奪い幸先の良いスタートを切ると、5番パー5で快心のイーグル。後半に入るとさらに2つバーディを積み重ね、好スコア「66」をマークした。今季は低迷していたビヨーンだが、2002年日本ツアー「ダンロップフェニックス」以来の優勝を果たせるのか。

そして通算12アンダーの3位タイには、地元ファンの期待がかかるハリントン、この大会上位につけているトッド・ハミルトン(米国)、「ライダーカップ」欧州メンバーに選ばれたデビッド・ハウエル(イングランド)が並んでいる。次いで11アンダーの6位にレティーフ・グーセン(南アフリカ)、10アンダーの7位にセルヒオ・ガルシア(スペイン)が控えている。

一方、追い上げを図りたいタイガー・ウッズ(米国)は、出だしの2番でボギーをたたき出鼻をくじかれると、その後はバーディを奪えず我慢のゴルフが続く。しかし後半10、11番で連続バーディを奪いようやくリズムに乗ると、14番でもバーディを積み重ねて通算8アンダーの8位タイでホールアウト。前人未踏の大会3連覇に向けて黄色信号が灯った。

そのほか日本勢では、丸山茂樹がこの日もパターを替えて挑む。出だしの2番でバーディを奪うも、続く3番でボギーをたたいてしまい出入りの激しいゴルフを展開していく。結局3バーディ4ボギーの通算3アンダーの26位タイに後退してしまった。また片山晋呉は、この日も4つスコアを落としてしまい、15オーバーの68位タイに低迷している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 WGC アメリカンエキスプレス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!