ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ
期間:09/02〜09/05 場所:クランスシュルシエレ(スイス)

ヒメネスが再び首位!1打差にガルシア、ドナルドが追う

スイスにあるクランスシュルシエレで行われている、欧州ツアー第32戦「オメガヨーロピアンマスターズ」の3日目。上位陣が確実にスコアを伸ばし、激しい首位争いが行われている。

この日、首位に返り咲いたのはミゲル・アンへル・ヒメネス(スペイン)。パッティングが好調だったヒメネスは、6バーディ1ボギーの内容で通算15アンダーまで伸ばした。2週連続優勝と今季5勝目に向けて明日最終ラウンドに挑む。

<< 下に続く >>

首位ヒメネスを1打差で追うのは、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、ルーク・ドナルド(イングランド)の2人。首位スタートのガルシアは出だしの1番パー5でイーグルを奪うなどこの日は4つスコアを伸ばしたが2位タイに後退した。今季米ツアーで2勝を挙げている“神の子”ガルシアが欧州ツアーでの優勝を狙う。

またドナルドは、3日目を1イーグル7バーディ3ボギーで回りこの日のベストスコア「65」をマーク。最終ホールでボギーを叩いてしまい一歩後退してしまったが勢いは十分。米ツアーでスチュアート・シンクが優勝したように、「ライダーカップ」キャプテン推薦を受けたドナルドが優勝を飾ることができるのか。

一方、大会連覇を狙うアーニー・エルス(南アフリカ)は、5バーディノーボギーのすばらしいゴルフを展開するも、上位陣がスコアを伸ばしているために追いつくことができず。3日目を終えた時点で通算11アンダーの4位タイにつけている。

そのほか、大会初日5オーバーと出遅れていた崔京周(韓国)だったが、2日目にスコア「65」をマークし予選を通過。そして3日目もスコア「66」をたたき出して、通算6アンダーまで伸ばした。順位も39位タイから11位タイにジャンプアップした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!