ニュース

欧州男子カルテックスマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 カルテックスマスターズ
期間:03/18〜03/21 場所:ラグーナナショナルG&CC(シンガポール)

モンゴメリーが4位に浮上!谷原は50位に後退

シンガポールにあるラグーナナショナルG&CCで行われている、欧州男子ツアー第10戦「カルテックスマスターズ」の3日目。アジアPGAツアーとの共同開催にふさわしく、首位にはそれぞれのツアー選手が出揃った。

19位からスタートしたコリン・モンゴメリーは、5バーディノーボギーでのラウンド。通算9アンダー首位とは4打差の4位につけた。同じく4位グループには、スコア“65”を叩き出したトーマス・レベ(フランス)とジョナサン・ロマス(英国)といった欧州ツアー勢が虎視眈々と優勝を狙っている。

<< 下に続く >>

一方、首位争いは欧州ツアー23年目のベテラン、バリー・レーンとアジアンツアーで戦うG.ハンラハン(米国)が通算13アンダーで並びトップ。首位からスタートした地元選手のM.ママット(シンガポール)は、一時13アンダーまで伸ばして首位をキープしていたが、通算11アンダーまで後退し単独3位でホールアウト。

そのほか日本勢は、谷原秀人藤田寛之丸山大輔3名が決勝ラウンドに進出。3アンダーからスタートした谷原は、5アンダーまで伸ばしていたが、12番で池につかまりダブルボギーにすると、13番、14番で連続ボギーを叩きズルズル後退した。藤田と丸山もスコアを伸ばせず、通算2オーバーの68位と低迷している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 カルテックスマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!