ニュース

欧州男子カルテックスマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 カルテックスマスターズ
期間:03/18〜03/21 場所:ラグーナナショナルG&CC(シンガポール)

前週2位の佐藤は出遅れ!日本勢では谷原が39位タイ!!

欧州男子ツアー第10戦「カルテックスマスターズ」が、シンガポールにあるラグーナナショナルG&CCで開幕した。今週はアジアPGAツアーとの共同開催のため、日本からも数人の選手が出場している。

初日は午後から雷が接近し、中断。その後再開されたが、全選手ホールアウトすることは出来ず日没サスペンデッドになってしまった。初日暫定ながら首位にたったのは、8アンダーのエディー・リー(ニュージーランド)。10番ホールからスタートしたリーは、中断後の7番パー5でイーグルを奪い、続く8番もバーディで8アンダーと抜け出した。勢いに乗ったリーだが、最終9番をプレー中にサスペンデッドになった。

2位には5アンダーのピーター・ファウラー(オーストラリア)とトーマス・レベ(フランス)の2人。さらに1打差の4アンダーには、ピーター・ローリー(アイルランド)など10人が並んだ。午前中にスタートした選手が比較的上位につけている。

注目の日本勢だが、3バーディ、2ボギーでラウンドした谷原秀人が1アンダー39位と健闘。藤田寛之丸山大輔が1オーバー85位。すし石垣は2オーバー109位。そして先週行われた「カタール・マスターズ」で惜しくも優勝は逃したが単独2位に入った佐藤信人は、3オーバー122位と大きく出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 カルテックスマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!