ニュース

欧州男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/25〜02/29 場所:ラコスタリゾート & スパ(米国カリフォルニア州)

調子を上げてきたタイガーと粘り勝ちのラブが決勝でぶつかる!

カリフォルニア州カールズバッドにあるラコスタリゾート&スパで開催されている、世界ゴルフ選手権(WGC)「アクセンチュアマッチプレー選手権」。4日目は準々決勝の4試合、準決勝の2試合が行われた。

準々決勝では、ディフェンディングチャンピオンであるタイガー・ウッズと2000年の優勝者ダレン・クラーク(北アイルランド)が順当に勝利。また、4試合の中でも注目を集めたデービス・ラブIIIフィル・ミケルソンは予想どおりの好試合を展開した。オールスクエアで迎えた18番をラブIIIがとり、勝ちをものにした。さらに、ステファン・リーニーが勝ち上がりベスト4が出揃った。

<< 下に続く >>

そしてセミファイナル。ステファン・リーニーとタイガー・ウッズの対戦は15番までオールスクエアの好試合。しかし、ここからウッズが強さを発揮。16、17番を奪い2アンド1で勝利。決勝に進んだ。

ダレン・クラークデービス・ラブIIIの試合も14番までオールスクエア。そしてクラークが15、16番をとり2アップ。17番がドーミーホールとなり、クラークの勝利が濃厚になった。しかし、クラークが17番でパーを逃し18番に突入。いずれにせよ後がないラブIIIは、558ヤードのパー5を果敢に攻め見事に2オン。イーグルこそ逃したがバーディを決めたラブIIIが、18番で再び追いつきエキストラホールに突入した。エキストラホールでも両者譲らず迎えた21ホール目。ラブIIIがバーディを決め長い戦いにピリオドを打った。

決勝に向け徐々に調子を上げてきたタイガー・ウッズと昨年4勝を挙げているラブIII。この強豪同士の決勝戦は最終日36ホールマッチで行われる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!