ニュース

欧州男子ジョニーウォーカークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ジョニーウォーカークラシック
期間:01/29〜02/01 場所:アルパインゴルフ&CC(タイ)

上位は混戦模様!ヒメネスが首位と1打差の2位に

タイのバンコクにあるアルパインゴルフ&CCで行われている、欧州男子ツアーの第4戦「ジョニーウォーカークラシック」の3日目。この地方特有の蒸し暑さで、厳しいコンデションでの戦いとなった。

初日から首位をキープしているトーマス・ビヨーン(デンマーク)は、この日3バーディ1ボギーと堅実なゴルフを披露。14アンダーの単独首位で明日最終日を迎える。

<< 下に続く >>

2位に大躍進したのはミハエル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)。前半にスコアを伸ばして、一時はビヨーンを交わし単独首位に立つものの、通算13アンダーの2位で3日目を終えた。

トップと2打差の通算12アンダー3位タイには、サイモン・イエーツ(スコットランド)とレフティのリチャード・グリーン(オーストラリア)が追走。さらに、トップと3打差の通算11アンダー5位タイには、この日5つ伸ばしたイアン・ポールター(イングランド)と日本でお馴染みのデビット・スメイル(ニュージーランド)が続き、上位は大混戦。

そのほか注目のアーニー・エルス(南アフリカ)は、ノーボギーの内容で3つスコアを伸ばして通算10アンダーの8位タイ。また、今季好調を続けているラファエル・ジャクリン(フランス)が、5つスコアを伸ばしてエルスと同じく8位タイに浮上した。首位と4打差の位置につけ、最終日に逆転優勝を狙う。

一方、予選ラウンドを通算9アンダーの3位につけ、大会を沸かせていたニック・ファルドは、この日我慢のゴルフを強いられた。最終18番でバーディを決めて、この日をイーブンパーでまとめた。3日目を終えて、通算9アンダー15位に後退している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ジョニーウォーカークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!