ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米女子オープン
期間:07/05〜07/08 ブラックウォルフランチャンピオンコース(ウィスコンシン州)

さくら、圧巻の4連続バーディフィニッシュ

「全米女子オープン」初日を3オーバーで終えた横峯さくらは、2日目は10番からのスタート。「ショットがあまり良くなかった」というこの日、前半は2つのボギーをたたいて折り返した。

後半に入り、少しずつチャンスは増えるも、今度はパットが決まらない。「我慢だなと思ってプレーしました」という横峯にチャンスが訪れたのは、6番(パー3)。ピンまで170ヤード、6Iで放った球はきれいなフェードボールでピンへと向かう。「久しぶりにイメージ通りのショットが打てました」と、このショットがカップをかすめてピン上4mに止まると、これを確実に沈めてバーディとする。

すると、そこから流れは一転。7番(パー5)で1mを沈めて連続バーディとすると、8番(パー3)では14mのロングパットがカップに吸い込まれ、最終9番でもカラーから6mをねじ込む4連続バーディフィニッシュ。結局「70」とスコアを伸ばした横峯は、通算1オーバーまでスコアを伸ばして、17位タイへとジャンプアップを果たした。

「このコースでアンダーで回れてうれしいです」と横峯。「あと2日プレーできるのがうれしい」と、決勝ラウンド進出に素直に喜びを表現する。5オーバーでハーフターンした横峯は「カットは6くらいかなと思ったので、(カットラインは)すごく頭の中にありました」と振り返ったが、勝負どころで踏みとどまり、スコアを伸ばすのはさすが。ショットの修正点もつかんでいるという横峯は、「少しは近づいているのかな」とメジャーでの予選通過にちょっぴり自信も手に入れた。(ウィスコンシン州コーラー/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。