ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら「今度こそ掴みました!」

2012/06/17 16:40


国内女子ツアー「ニチレイレディス」に出場した横峯さくらは、3日間通算1オーバーの34位タイに終わった。最終日は裏街道の10番スタートで、優勝争いとはかけ離れた位置で戦い、2バーディ、1ボギーと静かなラウンドだったが、クラブハウスに引き上げてきた横峯の表情は晴れやかだった。

最終9番で4mのバーディパットを決めたことがそうさせるのか聞いてみると「やっと掴んだんです」という答えが返ってきた。横峯が掴んだのは、持ち球のフェードボール。ドライバーショットは、依然もうひとつというが、アイアンショットで狙った方向に打ち出してイメージ通りに右に曲がる弾道がでるようになったという。

「8番アイアンで145ヤード、距離も方向も思ったところに打てるようになったんです」と嬉しそうに話す。前日にはアイアンショットの距離感も方向性もバラつきが生じ、チャンスを迎えることができず苦しいラウンドをしていたが、この日は数多くのチャンスを迎えたが、バーディパットが決まらずスコアが伸び悩んだだけだという。

今季はいまひとつ優勝争いに絡めない試合が続いていたが、最終日が終わると横峯の口から「少し感触がよくなったので来週は大丈夫だと思います…」という言葉を何度も聞いてきた。しかし、今回は「本当に掴んだんです」とテンションは高い。その違いを最も強く感じさせてくれたのが「早く来週の試合会場で試したいし、試合に出たい」と、この日掴んだものが本物であることを実証したくてしょうがない様子。シーズンも中盤に入ってきたが、今度こそ横峯の優勝争いが見られそうだ。(千葉県千葉市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。