ニュース

国内女子リゾートトラストレディスの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、連覇に闘志「噛み合えばいける」

2012/05/31 18:34


横峯さくらの2011年シーズン唯一の勝利となった「リゾートトラストレディス」。その舞台であるグランディ軽井沢ゴルフクラブに、ディフェンディングチャンピオンとして1年ぶりに戻ってきた。

首位に3打差で迎えた昨年の最終日。4つ伸ばして通算10アンダーに乗せ、首位に1打差に詰め寄って後続の結果を待った。ここで、単独首位の大城さつきが最終18番でダブルボギーを叩き勝利が転がりこみ、「ゴルフは最後まで何があるか分からないと、改めて感じました」と1年前を振り返る。まさに、運も味方しての逆転劇だった。

しかし、その勝利から丸1年タイトルに見放され続けている。今シーズンも浮上と後退を繰り返すラウンドが続き、噛み合いの悪さが勝利への道を閉ざす傾向にある。「早く勝ちたいですね・・・」としみじみ話す横峯。勝てない要因の1つに、「やっぱり、韓国の選手が強いということはもちろんあると思う」と、外国勢の猛威を素直に認める。

折しも現在、先週まで外国勢が4週連続で勝利を重ねている真っただ中。今週は1年ぶりの勝利を連覇で飾る格好の舞台だが、アン・ソンジュ李知姫全美貞ら、好調ぞろいの韓国勢が大きな壁となって立ちはだかる。「あと一歩という所だと思うし、私も噛み合えばいけると思う」。横峯が口にする“あと1歩”とは、「気持ちと運」。この日のプロアマ戦では、17番パー4の2打目、残り100ヤードを直接沈めてのイーグル。昨年の大逆転劇といい、軽井沢は横峯に“運”を引き寄せる何かを予感させてくれる。(長野県北佐久郡/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 リゾートトラストレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。