ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全英リコー女子オープン
期間:07/28〜07/31 カーヌスティゴルフリンクス(スコットランド)

さくら、3年半ぶりに予選落ち「悔しい。これをバネに頑張りたい」

「全英リコー女子オープン」初日に9オーバーと大きく出遅れてしまった横峯さくらは、大会2日目は6時52分という早いスタート。気温は低いものの、風はそよ風。リンクスコースは赤子のように無防備な姿をさらけ出した。

昨日はショットがぶれてスコアメイクに苦しんだが、ホールアウト後の練習場で修正し、「明日(今日)は大丈夫かな」と手応えは掴んでいた。この日は3番で2mにつけてバーディを奪うと、8番(パー3)でも3mを沈めてバーディ奪取。後半は2バーディ2ボギーと伸び悩んだが、2日目は2アンダーの「70」と、初日よりも11打縮めてホールアウトした。

「ティショットが昨日より安定してプレーできました。4mくらいのパットがもう少し入ってくれれば良かったけど、アンダーで回れたのはまぁまずまずかな」。

それでも、初日の出遅れが響いて通算7オーバー。海外では08年2月の「フィールズオープン」以来となる予選落ちに、「久しぶりの予選落ちなので、あと2日間プレーしたかった気持ちもあるけど、それができない悔しさはあります。日本に帰って、これをバネに頑張ります」と唇を噛んだ。

やはり悔やまれるのは初日のスコア。それでも「あれだけの雨、風の中で良いプレーをしている選手もたくさんいるので、理由にはならないのかなと。私はメジャーしか出ていないけど、米ツアーの人は毎試合こういう経験をしているので、しっかり対応できるのだと思います」。

以前より海外メジャー挑戦に積極的ではなかった横峯だが、やはり自分の思うようなゴルフをさせてくれないメジャー大会への出場は、今後も率先して・・・というわけにはいかないようだ。(スコットランド・カーヌスティ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。