ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、パターを戻して調子も取り戻す!!

2010/10/09 17:10


国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」の初日にパターグリップを太いものに換えてラウンドした横峯さくら。2オーバー34位タイと納得のいくゴルフができなかったため、この日は以前から慣れ親しんだパターを使用して挑んだ。

前半の3番パー3で5mのバーディパットを決め、5番でも4m、入れたい距離のパットを決めて前半に2ストローク伸ばした。後半に入っても、13番で2mのバーディを奪い、16番ではボギーを叩いたが、最終18番パー5で3打目のアプローチをカップまで30センチにつけてバーディフィニッシュ。通算1アンダーの13位タイまで浮上してきた。

<< 下に続く >>

ラウンドを終えた横峯は「(パターを戻して)だいぶ違いましたね。2年近く使っているので、昨日違うものを試合で使ったことで、いい意味で気分転換になったかな・・・」と初日の選択を全否定はせず、その経験からこの日の好プレーに繋がったと話す。

パッティングに関しては、この日のラウンドで心配がなくなったが、ショットには納得をしていない。「噛み合えば5アンダーや6アンダーも出ると思います。噛み合わない中でも、それに近いゴルフをしないといけないですね」と、突然全てが良くなるという都合の良い考え方をせず、今の状態で最終日もスコアを伸ばすつもりだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!