ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、後半の猛チャージで6位タイに急浮上!

「スタンレーレディス」初日は出入りの激しい内容となり、1オーバーの38位タイ。首位に7打差と出遅れてしまった横峯さくらだが、2日目は序盤から攻めの姿勢を前面に出し、気持ちの伝わってくるようなプレーを見せる。

1番、2番とピンをデッドに攻め、いずれもピン奥5メートルにつけるが、惜しくもバーディはならず。3番パー5では、2打目を“直ドラ”でグリーン手前花道に運ぶも、2メートルが外れてパー。もどかしい展開が続く中、5番パー4ではピン手前4メートルを沈め、ようやく初バーディを奪う。その後もパーが続き、前半は多くのバーディチャンスをものにできないまま1ストローク伸ばすだけにとどまった。

<< 下に続く >>

だが、後半に入り「前半と後半で変わりはなかったけど、後半はパットが入るようになった」と、一気にバーディ量産体勢に転じる。10、11番で連続バーディを奪うと、13番のボギーを挟み、15番、16番とふたたび連続バーディ。さらに最終18番も「良いフィニッシュだった」とバーディで締め括り、後半だけで5バーディ。6バーディ、1ボギーの「67」をマークし、通算4アンダーの6位タイに急上昇を果たした。

「攻め切れなかった部分もあったけど、そこまで完璧は無理なので、良かったとは思います」。自身のプレーに一定の評価を下しながらも、「パットはまだ100パーセントの自信を持って打てていないので、明日に向けて調整したいです」と、最終日への課題も挙げた横峯。首位と6打差と離されてはいるが、この日の勢いを明日の前半から継続できれば大逆転の可能性も残されている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!