ニュース

国内女子新キャタピラー三菱レディースの最新ゴルフニュースをお届け

「全英」を経験してさらなる成長を遂げ、今季2勝目を達成!

2007/08/19 18:15


2位に4打差をつける独走状態で最終日を迎えた横峯さくら。2日間を終えて通算12アンダーとし、岡本綾子が1980年に樹立した、パー73設定での54ホール最小ストローク記録“通算14アンダー”の更新にも注目が集まった。

「記録のことは今朝聞きました。できればいいかな、とは思っていましたが・・・」と話した横峯は、1番パー5で2打目をピン手前約4メートルにつけるナイスショット。3日間連続のイーグル発進は惜しくも逃がしたが、らくらくとバーディを奪って通算13アンダーとスコアを伸ばした。その後はバーディチャンスにつけるも、惜しくもカップを逸れる展開が続く。それでも8番パー4でようやくバーディを奪い、通算14アンダーと独走態勢を維持したまま前半を終えた。

迎えた後半、13番パー5でバーディを奪い、ついに記録更新となる通算15アンダーに。しかし、17番、18番と連続ボギーを叩いてしまい、結局通算13アンダーでフィニッシュ。それでも2位に2打差をつける余裕の勝利で、“強さ”を印象付ける今季2勝目を達成した。

会見で、「全英に行って考え方が変わった」と話した横峯。「日本は海外に比べると、どこからでもグリーンを狙えるし易しく感じます。すごく良い経験をしました」と、自分にとって成長への大きな糧となったようだ。「最後まで落ち着いてプレーできました」と、精神面での成長も実感している様子。テレビインタビューで「今季の目標は4勝です!あと2勝、頑張ります!」と力強く話した横峯が目標達成を遂げる日は、そう遠くはないかもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 新キャタピラー三菱レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。