ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全英リコー女子オープン
期間:08/02〜08/05 場所:セントアンドリュース オールドコース(イングランド)

議員キャディ!コースを知らずに挑んだ結果は!?

2007/08/02 08:21


昨年10月にテレビ番組の企画で、セントアンドリュースを4ホールだけラウンドしたことがあるという横峯さくらが、全英リコー女子オープンというメジャー大会の舞台として、再び聖地セントアンドリュースに帰ってきた。

前日までの練習ラウンドは、いつものように有馬境佑くんとのコンビを組んでいた横峯に、突然の申し入れがあったのは大会初日の朝だった。前夜、スコットランド入りした父・横峯良郎氏が、夜の会話では「見ているだけ」と話していたが、朝になって「俺がキャディをやる!」と言い出したのである。

<< 下に続く >>

父娘のコンビは昨年10月の「樋口久子IDC大塚家具レディス」以来。久しぶりの展開だが、横峯には何の不安もなかったという。しかし、それが間違いの始まりなのかもしれない。セントアンドリュースはリンクスコースの中でも特にフェアウェイの起伏が激しいコースだ。その起伏を見たことがない状態でいきなりキャディを行うのはあまりにも危険すぎる。

コースのレイアウト上、バンカーが左にあるから右を狙うなどと簡単に考えると、傾斜で左に跳ねてそのバンカーに捕まることもある。初日の横峯がそうだったわけではないが、練習ラウンドで掴んだ攻め方とは異なる選択をした場面もあった。17番パー5では「絶対に直接グリーンは狙わない!」と話していたが、ラフからという状況もあり2打目でグリーンを大きくオーバーしてしまった。

グリーンの右サイドの砂地を越えたアスファルトに止まったボールをパターで打ったが、グリーンには乗らずパーセーブするのがやっと。横峯は、キャディとしても父親を全面的に信頼しているのだが、今回の決断は得策だったのだろうか。その答えは明日の2日目に出されることになった。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!