ニュース

国内女子クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャルの最新ゴルフニュースをお届け

パットが入りませんでした… 3打及ばず、6位タイで終戦

2008/05/04 19:32


「クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャル」最終日。横峯は、第2ラウンドの残り4ホールを消化するため、午前4時過ぎに起床。同6時30分、15番パー5のティショットを放ち、横峯の逆転勝利をかけた戦いが始まった。15、16、17番をパー、最終18番で1.5メートルを沈めてバーディを奪ってホールアウト。首位と4打差となる通算5アンダーの3位タイで、最終ラウンドを迎えることとなった。

「ショットが良かった」という横峯は、1番パー5のスタートホールでバーディを奪う。優勝争いに加わるためには、このまま勢いを加速させたいところだったが、「ショットは良いいのに、パットが入ってくれませんでした」と、その後はカップを捉えきれない。すると7番パー4では5メートルのパーパットを外してボギーとし、前半をイーブンパーで折り返す。

後半に入り、17番までに2バーディ、1ボギーとスコアを1つ伸ばして迎えた、最終18番パー5。優勝の可能性はほぼ消えていたが、第2打を、3番ウッドで2オンを狙う果敢な攻めを見せる。グリーン左のバンカーに捕まったが、3打目を3メートルに寄せると、これを沈めてバーディフィニッシュ! 「最後はバーディが獲れて良かった。2オンを狙うことが出来て良かったです」と、自身も納得の締めくくりとなった。

これで8試合を終え、賞金ランキングは5位。悪くは無い数字だが、そろそろ優勝という結果を求めたいところ。「勝ちたいって気持ちはありますが、自分の中でプレーが安定して、波もちょっとずつ無くなって、ボギーを打っても立て直せていますし。そのうち勝てれば、と思います」とマイペースを強調する横峯。「来週はメジャーなので、良いプレーを見せられるように頑張ります」と会場を後にした。今週のプレーを見る限り、課題はパターしか見当たらない。好調のショットと噛み合えば、勝利はおのずと転がり込んで来るだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャル




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。