ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

首位と4打差は、まだ圏内! 逆転で連覇に挑む

2008/05/24 18:05


首位と3打差で「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の2日目を迎えた横峯さくら。「ティショットは昨日より良かった」との言葉通り、オープニングショットからフェアウェイへとボールを運ぶ。外したとしても大きなピンチに陥らない幅にとどまり、見ていて安心感のあるティショットを続ける。

しかし、初日と同様にアイアンショットがピンに絡まない。「距離は合っているんですが、アイアンが右に出ちゃって…。(2打目を)ショートアイアンで打てるホールがたくさんあるのに、もったいない」と、伸び悩んだ要因を挙げた。それならばと、6番、9番と得意のパー5で2つのバーディを奪い、前半を2バーディ、ノーボギー。通算3アンダーと追い上げ体勢を築き、後半へと折り返した。

良い展開で後半を迎えたが、停滞する流れは変わらない。それでも16番までをパーで凌ぎ続けていたが、強い雨が降り出した直後の17番パー4でボギー。そのままホールアウトし、首位とは4打差、通算2アンダーの11位タイで2日目を終えた。「パットは悪くないし、ショットと噛み合えば入ってくれると思います。最後まで何があるか分からないし、最後まで自分のプレーを続けたいです」という横峯。首位との差は広がったが、ショートアイアンの調整次第では、ビッグスコアをも予感させるプレーを続けている。混戦の隙をつき、最後に笑っているのは横峯…という展開も、十分に考えられるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。