ニュース

国内女子カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ―日本プロゴルフ殿堂設立支援トーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら「18番のダボ以外はまあまあ良かった」

2008/07/24 19:00


次週に全英リコー女子オープン出場を控え「カゴメ フィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ」に出場している横峯さくら。前週に腰痛で棄権をしたが、その心配はないと前日の会見で語ったように、豪快なティショットでスタートを切った。

予選2日間は「LPGAツアーチャンピオンシップ リコーカップ」のここ3年の優勝者、大山志保(05年)、横峯(06年)、古閑美保(07年)で形成された。ギャラリーの注目度も一番高く、この組には列を成して観戦する光景が見られた。

10番スタートの横峯は、11番パー5でバーディを奪った。ところが、18番パー5でダブルボギーを叩き、1オーバーに後退。後半は3番パー5でバーディを奪ったが、パー3、パー4は全てパーでラウンドし、この日はイーブンパーの25位タイで終了した。

「今日は18番のダブルボギー以外は、まあまあ良かったです。今日の調子だったら、1つか2つくらいは伸ばせると思ったけど、まだ1日目だし、明日がんばります」。ラウンド後に淡々とこの日のラウンドを振り返る横峯だが、チャンスというチャンスはほとんど訪れなかった。

バーディを奪ったパー5は2つとも2打目のフェアウェイウッドでカラーまで運ぶイージーバーディ。18番のダブルボギーはティショットが木の近くに行き、テークバックが取れず5番アイアンでフェアウェイに出すだけ。3打目の残り250ヤードを3番ウッドでグリーン手前40ヤードへ。4打目が手前のカラーにしか届かず、そこからパターで3打かかってしまった。

それ以外のパーに関しては、アイアンの距離感が合わず、特にグリーンの奥目に乗ることが多かった。したがって下りのバーディパットがほとんどで、狙うというよりもカップに寄せるのが精一杯という展開だった。首位とは7打差と開いているが、昨年も初日は1アンダーと静かなスタートから盛り返しただけに、残り3日間のチャージに期待がかかる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ―日本プロゴルフ殿堂設立支援トーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。