ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

ドライバーの不調で大きく出遅れる

2008/02/22 14:14


米国女子ツアー第2戦「フィールズオープン」に出場している横峯さくら。初日は10番から、スーザン・ペターセン(ノルウェー)、モーガン・プレッセルと共にティオフした。その10番では、第2打をピン上2.5mにつけてバーディを奪う幸先の良いスタートを切ったが、好スタートとは裏腹に、この日はなかなかスコアを伸ばすことが出来なかった。

12番パー3でボギーを叩くと、続く13番パー5ではドライバーのティショットを右の池に入れ、4オン3パットのダブルボギーとしてしまう。昨年からフレックス「A」の軟らかいシャフトを使っていたが、やはり暑いハワイで体が良く動くと、ヘッドをコントロールする難しさが出てきてしまう。「抑えてというか、思いっきり振れていない感じでした」と、悔しがった。

ショットも「風が読みきれなかったです」と、ピンをオーバーする場面が目立ち、チャンスを作れずじまい。結局この日は、3バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの「75」で、3オーバーの113位タイと出遅れた。

「今日は、ごまかしごまかしでした」というドライバーショット。明日は、シャフトをより硬い「SR」に変えるつもりだという。パターは悪くないというだけに、ショットを調整し、2年連続の予選落ちは回避したいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 フィールズ・オープンin Hawaii




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。