ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/03〜04/06 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

上昇気流に乗り、「明日はアンダーを目指します!」

2008/04/06 11:06


予選通過ラインギリギリで決勝ラウンドへ進出した横峯さくら。初日、2日目とドライバーの方向性が不安定で、スコアメイクに苦しむラウンドが続いた。「昨日、一昨日と考えすぎて、ラウンド中に気持ちの切り替えができていなかった」と、話す横峯は、決勝ラウンドに入り考え方を変えたという。

「このコースなら仕方ないかな、と今日から考えました。ドライバーは、だいたいでちょうど良いくらい。しょうがない、と思うようにしました」と気持ちを整理し、臨んだ3日目。その効果は早くも結果になって現れる。ティショットに多少のバラつきはあるものの、4番パー4、11番パー5とバーディを奪取。風が強くなった終盤で2ボギーを叩いたが、この3日間でベストスコアとなるイーブンパーの「72」をマーク。全体的にスコアを落とす選手が多かったこともあり、スコアを縮められなかったものの通算5オーバーの42位タイに浮上した。

「ピン位置が難しかったので、まずはセンターに置いて、そこからバーディチャンスがあれば狙う感じでした。この風でイーブンは仕方ありません」と振り返った横峯。「ティショットも曲がったけど、このコースでは仕方ないですね」と、ドライバーのミスをラウンド中に引きずることは無くなったようだ。調子も尻上がりで、初日の67位タイから62位タイ、42位タイと着々と浮上している。「明日の最終日はアンダーを目指して頑張ります!」と意気込む横峯。まずは昨年大会の44位タイ以上を目指し、有終の美を飾りたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!