ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英リコー女子オープン
期間:07/31〜08/03 サニングデールGC(イングランド)

辛口な自己評価も、収穫も多かった4日間

2008/08/04 06:05


今季の海外メジャー最終戦「全英リコー女子オープン」も最終日を迎えた。横峯さくらは、26位タイの位置からスタート。1番、2番のパー5でスコアを伸ばして弾みをつけたいところだったが、ともに2打目がグリーン手前のバンカーに捕まりバーディを奪えない。

その後、7番パー4でボギーを叩くが、9番、10番と連続バーディで盛り返す。12番のボギーを挟んで13番、14番でも連続バーディを奪うなど、来年度の出場シード権が得られる15位以内を目指し、着々とスコアを伸ばしていった。

しかし、その後はバーディパットを決めきれず、最終18番も約4メートルのバーディチャンスを惜しくも逃す。この日2ストローク伸ばすにとどまり、最終的に通算6アンダーの24位タイで競技を終える結果となった。「今日は80点、4日間では60点です。やっぱり、ロングの攻め方が下手ですね。バーディも獲れてはいますけど、みんなも獲っているし、4日間で考えると少しずつ違ってきますね」と、反省点を挙げた。

収穫も多かった。「パッティングの調子を維持できたことですね。あと、ティを高くして、ドライバーを短く握って、左足よりにボールを置くと距離が伸びることは発見でした。低い出球で、10から15ヤードくらいランが出るんです」と横峯。メジャーだからこそ得られる高い経験値が、横峯のさらなる成長を促したようだ。

帰国後は1週間休み、「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」(8月15~)から復帰予定。「日本に戻ったら、早く1勝できるように頑張ります」と、激戦が展開されている日本ツアー中盤戦に臨む。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。