ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全英リコー女子オープン
期間:07/31〜08/03 サニングデールGC(イングランド)

父との息もピッタリ! 来年度シード権の15位以内も見えてきた!

2008/08/03 06:10


「全英リコー女子オープン」3日目、46位タイの位置からスタートした横峯さくらは、「(予選ラウンドに比べて)気が楽ですね。(4日間)回れるのが一番嬉しい」と、序盤から伸び伸びとプレー。「コースに慣れてきたのが一番。右に行っていたショットもなくなりました」と、2番パー5、3番パー4でともにピンに絡めて連続バーディ。幸先の良いスタートを切る。

6番パー4ではボギーを叩くが、続く7番、8番とグリーンを外しながらもリカバリーショットが冴え、パーをセーブ。悪い方向に傾きそうな流れを、しっかりと引き戻した。すると、9番の短いパー4ではドライバーでワンオンに成功してバーディを奪うと、10番パー5ではピン上4メートルをねじ込んで連続バーディ。14番パー5でも確実にバーディを奪い、この日5バーディ、2ボギー。今週では初となる60台をマークし、通算4アンダーの26位タイに浮上した。

フェアウェイを外すこともほとんどなく、終始安定したプレーを披露した横峯。「今日は大きなミスが無くて、昨日、一昨日より楽でした」と振り返れば、キャディを務める父・良朗氏も「今日は危なげなかったな」と及第点をつけた。横峯は「今日は2回くらい、(父に)セカンドの番手で助けられました」と、チームワークもバッチリだった様子。「今日は90点の出来。狙いどころとかがハッキリして、セカンドの距離とかも風による影響が分かってきたと思います」と、満足の表情を見せた。「明日までなので、悔いが残らないようにしっかりと頑張りたいと思います」と横峯。まずは、来年度の大会のシード権を獲得できる15位以内が目標となる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。