ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/03〜04/06 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

桃子のガッツUSA!!

桃子、メジャーで収穫「最強になれる!」

2008/04/07 09:30


今季の米メジャー初戦「クラフトナビスコ選手権」最終日の上田桃子は、1バーディ4ボギーとスコアを伸ばせず通算9オーバーの47位タイ。だが、上田にとっては収穫の多い大会となったようだ。

決勝ラウンドに入り、不調だったパッティングが復調した上田が苦しんだのは、アプローチの距離感だった。普段からコーチの江連氏には、「何ヤードキャリーして、何ヤード転がって、スピンがどれ位なのか把握しろ」と言われていたが、「日本だとそこまでシビアに考えなくても出来た」という。

しかし、メジャーセッティングのコースでは、1,2ヤードのキャリーの違いが、バーディとボギーの差になってしまう。「今までも頭では納得出来ていたけれど、ようやく何で(それを)しないといけないのかが分かった」と得心。「材料は見つけたので、あとは行動するだけです」と、やるべき事がクリアになり、進むべき方向がしっかり見えた。

「1年前のフィールズで経験したのと同じです。こっちの選手がアプローチ練習するのを見ていたけど、何でその練習をしているのかが良く分かった。価値のある大会でした」という上田。ホールアウト後は、江連氏とともに練習場へ向かい、早速ショット練習に取り組んだ。

「先週までの不安はないです。ウェッジの入れ方とか当て方、それがもっともっと分かったら最強になれる。本当に強い今のロレーナのような、なかなか追いつけない選手になれる。今はじっと我慢して頑張っていきたいです!」

再び闘志が漲ってきた上田。来週は休養とマスターズ観戦にあて、再来週の「ギン・オープン」から出場する。「やっぱり勝って帰りたい!」その思いもまた強くなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。