ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

石川遼が3位に浮上「日曜日のためのゴルフを」

東京よみうりカントリークラブで開催されている国内男子ツアーの今季最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」2日目。3アンダーの7位タイから出た石川遼が6バーディ、2ボギーの「66」をマークし通算7アンダーの3位タイに浮上してきた。

初日から飛び出した藤田寛之を追いかけるべく、第2ラウンドにして早くも巻き返しのノルマを課せられた石川。前半は出だしの1番からバーディ発進を決めるが、アイアンショットの精度に苦しむ展開となった。ボールを芯でとらえきれず、チャンスを作れないまま、4番の第2打はグリーン右手前のバンカーに外し、早々にボギーを叩いてしまう。

それでも6番(パー5)では3メートルを沈め、さらに7番ではグリーン手前からチップインとして2連続バーディを奪取。「8番くらいから良くなってきた」とショットの復調を感じながら後半に入ると、12番では向かい風の中をドライバー、7番アイアンでいずれも低弾道のショットが冴えバーディとする。そして続く13番では3メートルを決めて再び2連続。最終18番(パー3)では左バンカーからピンそば30センチにつける好リカバリーを見せ、パーでしのいだ。

2日連続のアンダーパーをマークして上位でトーナメントの後半へ。しかし初日に付けられた藤田との差、6ストロークはこの日、縮めることは出来なかった。「さすがに藤田さんは、思った通り良いプレーを続けられている」。3日目の組み合わせは最終組に入り、直接対決が決まった。それでも石川は冷静。「結構良い状態を保てている。明日で勝負が決まるわけじゃないので、日曜日に戦うためのゴルフをしたい」と、ムービングデーはまず穏やかな心構えで迎えるつもりだ。(東京都稲城市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。