ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

石川遼、出遅れに「明日は5アンダーが必要」

2012/09/20 17:40


大会ホストのパナソニック所属選手として挑む5度目の挑戦「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」の初日、石川遼は3バーディ、3ボギーのイーブンパーでホールアウトし、イーブンパーの69位タイと出遅れてしまった。

10番からスタートした石川は、2.5m、3mとバーディパットを惜しくも外すと、12番パー5ではティショットを左サイドのバンカーに入れバーディを奪うことは出来なかった。すると、13番ではティショットをフェアウェイに運ぶが、2打目のアイアンショットはグリーン左サイドの崖下に打ち込みボギーが先行してしまう。

<< 下に続く >>

16番で7mのバーディパットを沈めるが、後半に入っても1番でボギー、すぐに2番でバーディを奪い返すが、流れに乗れず7番パー3でボギー。最終9番パー5ではバーディを奪ったが、イーブンパーというスコアに石川の表情は優れなかった。

「ドライバーショットは問題ないのですが、アイアンがブレてしまった。12番パー5がもったいなかった。ティショットで右サイドにつけたかったが、ちょっと保険をかけすぎて左のバンカーに入れてしまったので」。序盤の12番でスコアを伸ばせなかったこと、さらに13番でアイアンショットが曲がったことなどを反省する。

出遅れたことを実感する石川は「明日は予選通過を見据えたラウンドになるので、初日の遅れを取り戻すことが必要になります」と、大会前日に優勝争いをしたいと話していた展開にはならなかった。「明日は最低でも5アンダーが必要だと思います」。石川の中では、予選通過はもちろん、その後2日間で優勝争いに這い上がるための最低条件として予選2日間で通算5アンダーというノルマを掲げる。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!