ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、思い出の地でメジャー初Vへ

国内男子ツアーの今季メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」は10日(木)から13日(日)の4日間、栃木県の烏山城カントリークラブで開催される。石川遼は開幕前日の9日(水)、練習日ながら4000人を越えるギャラリーに見守られながら、最終調整に勤しんだ。

今季は4月の「マスターズ」までの米国遠征を終えてから、トーナメントごと、ラウンドごとに何度となく使用パターを変更してきた石川。国内ツアー4戦目となる今大会は前週のツアー外競技「ザ・レジェンド・チャリティプロアマ」に引き続き、ピン型のモデルを持つ見込みだが、事前のラウンドではクロスハンドで練習を重ねた。

試合での握りは当日の感覚で決めるが、手首の余計な動きの矯正に自信。懸念される距離感についても好感触を掴みはじめたところ。ドライバーを第一とした“ショット偏重”ともいえる鍛錬を続けてきたが「自分のゴルフゲームの中で、一番“伸びしろ”があるのがパットだと思う。逆に言えば、一番下手だというところ」とグリーン上での戦いにも比重をシフトしてきた。

開催コースの烏山城カントリークラブは、石川のゴルフ人生とは切り離せない地だ。小学生当時、ゴルフ少年たちを快く受け入れてくれたコースは数えるほどしかなかった。埼玉県で生まれ育った石川が、足しげく通ったのが茨城県の、しもふさカントリークラブ、古河ゴルフリンクス、そしてこの烏山城だ。ジュニア時代に同コースで重ねた勝利は通算で「5、6勝」だという。

本格的なラウンドは高校一年時以来となる。それでも「グリーンが頭に入っているのが大きい」とニヤリ。面が大きくうねる砲台グリーンが選手たちを悩ませるが、アップダウンの多いコースで、瞬時にショットの落としどころを判断できる。

「各選手、(ホールを)上から見た絵を描きやすいコースがある。僕にとっては、それが富士桜(フジサンケイクラシック会場)や御殿場(太平洋クラブ御殿場コース/三井住友VISA太平洋マスターズ会場)なんです」と得意コースを例に挙げて自信を語る。狙うはもちろんメジャー初勝利、そして通算10勝目。節目の一勝を、自身のルーツのひとつといえる場所で掴みたい。(栃木県那須烏山市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。