ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、風に惑わされるも22位タイへ浮上

2012/04/21 17:33


「つるやオープン」3日目、カットライン上で予選通過を果たした石川遼は、この日はインの10番からのスタート。335ヤードと距離が短く、グリーン右手前に池が口を開けるスターティングホールで、同組の選手がアイアンやユーティリティで池の手前に刻むのを横目で見ながら、石川はキャディバッグからドライバーを引き抜いた。

第1打で見事に狭いフェアウェイを捉えると、続く第2打はピンそば1.5mにつけてバーディ発進。集まった多くのギャラリーに石川の目指すゴルフを見せつける。その後も「一番安心して打てた」という好調なドライバーを武器に、合計7つのバーディを積み重ねた。

その一方でボギーは3つを献上した。「一日中、びっくりするくらい風が回っていて、信じられなかった」と目を丸くした石川だが、風だけを言い訳にはしていない。「風はどうであれ、ここからボギーを打つことはないだろうっていうところからのボギーが3つあったので、そこは反省点ですね」。

13番、18番はフェアウェイからグリーンを捉えきれず、9番は左ラフとはいえ「問題ないところ。ボギーを打つイメージはあまりなかった」はずが、同じくグリーンを右に外してボギーとした。「万が一、風を読み間違ったときに、3つとも打ってはいけないところに打ってミスしてしまった。(アプローチの)SWはいい仕事をしてくれたと思うけど、それだけ(寄らない)難しいところに外してしまったアイアンの責任というのが重くなってきます」。外していけないところと良いところ。そのメリハリは米ツアーを戦う上で嫌というほど身に染みている。今は日本ツアーを戦っている石川だが、心の中ではコースの攻略ポイントを狭めて、難易度を上げて戦いを挑んでいるといえるだろう。

通算5アンダーとした石川は、トップのハン・リーを9打差で追いかける。「前半を終えて2桁アンダーになっていないと、優勝のチャンスはゼロだと思います」。最終日、石川は困難な課題を楽しむかのように、自らに高い目標を設定した。(兵庫県川西市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。