ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

有村、調子は崩すも粘って13位タイ

2011/11/25 16:57


「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」2日目、有村智恵アン・ソンジュと同組となり9時48分にティオフする。序盤、6番でグリーン奥からのアプローチをミスしてボギーとすると、8番(パー3)ではティショットを右バンカー入れて、1.5mに寄せるもこのパーパットを決められず、スコアを2つ落として前半を折り返した。

「昨日に比べると調子が良くなくて、ティショットがラフに入りやすくてグリーンに載せるのが難しかったです。載せても15m以上のバーディトライは難しいので簡単にパーは獲れないし」と、風は弱まったものの、ショットの精度を欠いた有村は苦戦を強いられる。

それでも、10番では52度のウェッジで3mにつけてバーディ、13番(パー5)でも50度で1mにつけてバーディを奪うなど、要所でショートゲームに冴えを見せる。しかし、15番、16番と「思った通りのところに打てていた」というパットが外れて連続ボギー。高麗(こうらい)グリーンを攻略し切れず、2日続けての「74」で通算4オーバー、順位も一つ下げて13位タイとなった。

今大会では過去2年間、連続トップ10に入っている有村だが、「今年は飛距離が出て強い球が打てているし、去年、一昨年に比べると調子は良いです」と首をかしげる。「それをスコアにつなげられるよう明日以降頑張りたいです。あと2日でこのコースの攻め方を学んで、また来年につなげていきたいです」と、尽きない探求心を垣間見せた。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。