ニュース

米国女子コーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 コーニングクラシック
期間:07/02〜07/05 場所:ハイランドメドーズGC(オハイオ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍は2アンダー発進も、上位が伸ばし48位タイ

2009/07/03 13:13


宮里藍が出場している「コーニングクラシック」初日。前週は15位タイと好調を維持し続け、次週はメジャー戦「全米女子オープン」も控えている。弾みをつけるためにも、まずは好スタートを切って展開を優位に進めたいところだ。

1番パー4からティオフした宮里は、2打目をグリーン右下のカラーまで運ぶ。パターで打った8メートルのバーディトライはカップを外れ、1メートルのパーパットもカップに蹴られてボギー。不穏な立ち上がりとなってしまう。だが、「3パットから始まったけどフィーリングは良くて、すごく良いパットがたくさんあった」という宮里は、4番パー4でピン右上7メートルを捻じ込みバーディ。早々にスコアをイーブンに戻す。

<< 下に続く >>

「朝から背中が硬くて、前半はショットのタイミングが合わなかった」と振り返る宮里だが、8番パー3では手前5メートル、折り返し後の10番パー4でもピン横4メートルを沈めてバーディを重ねる。15番パー4ではティショットを左に曲げてボギーとするが、17番パー5では、3打目のアプローチをピンそば20センチにつける見事なアプローチを見せバーディ。この日4バーディ、2ボギーの「69」(パー71設定)、2アンダーでホールアウトした。

上位がスコアを伸ばしたため、首位とは5打差の48位タイ。順位的にはやや出遅れ、「良いアプローチもたくさんあって、流れを切らさずにラウンドできたけど、もうちょっと伸ばせたかな?」と消化不良の感を口にしたが、「内容的には安定感もあったし、今は良いリズムでプレーできているので、今週もチャンスはあると思います」と、今週も好調をキープしている様子。スコアの伸ばし合いが予想される中、明日の2日目は攻めのプレーが求められそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 コーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!