ニュース

米国シニアチャールズ・シュワブ・カップ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

絶好調ジョン・クックが奪首に成功! ランガーも7位タイに浮上

カリフォルニア州にあるソノマGCで行われている、米国チャンピオンズツアー第25戦「チャールズ・シュワブ・カップ選手権」の2日目。チャンピオンズツアー最終戦にふさわしいスコアでジョン・クックが首位に立った。

4位タイからスタートしたクックは、出だしの3連続バーディで波に乗ると、前半9ホールを「30」で折り返し、その後も勢いは衰えず。さらに上がり3ホールの3連続バーディを含む10バーディのトータル「62」でラウンド。通算14アンダーで首位に躍り出た。

<< 下に続く >>

3打差の2位タイで追いかけるのは、6位タイから浮上のトム・ワトソンと初日首位タイのフィル・ブラックマー。この日のワトソンは8バーディ、ノーボギーという安定したゴルフを展開。ムービングサタデーを前に、絶好の位置につけることに成功した。一方のブラックマーは、前半はスコアが動かず我慢のゴルフとなったが、後半9ホールで6バーディ、1ボギーとし、トータル「67」でホールアウト。このポジションから再び首位を狙う。

首位から5打差の4位タイに初日首位タイのジェフ・スルーマン他2名、ランキング1位のベルンハルト・ランガー(ドイツ)は初日20位タイと出遅れたが、この日は7バーディ、ノーボギーというラウンドで7位タイに浮上。賞金王を確実に手中に収めるためにも、残り2日でさらに上位を狙いたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 チャールズ・シュワブ・カップ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!