ニュース

米国シニアディックススポーティンググッズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

F.ファンクが3打差の単独首位で最終日へ!尾崎直道は22位タイ、青木功は50位タイ

ニューヨーク州にあるエンジョーイGCで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第13戦「ディックススポーティンググッズオープン」の2日目。通算15アンダーでフレッド・ファンクが単独首位に立っている。

単独首位で2日目を迎えたファンクは、連続バーディ発進と最高のスタートを切る。その後も5番から連続バーディ、さらに8番から折り返しを挟んで3連続バーディをマーク。13番ではボギーを叩いたが、最終18番をきっちりとバーディで締めくくり通算15アンダー。2位に3ストロークの差をつけ、最終日に臨む。

<< 下に続く >>

通算12アンダー、2位タイにはロニー・ニールセン、ロニー・ブラック、そして前回覇者のエドアルド・ロメロ(アルゼンチン)の3人。中でもブラックとロメロはベストスコア「63」をマークして順位を上げている。前回覇者のロメロは2ボギーを叩きながらも、イーグルとバーディラッシュを披露。連覇の可能性も感じられる勢いがあるだけに、目が離せない存在となりそうだ。

第1ラウンドを終えた段階で16位タイにつけた尾崎直道。迎えた第2ラウンドは、5バーディ、2ボギーでラウンドし、3つスコアを伸ばして通算6アンダーとしたが、順位は22位タイに後退している。青木功は、4バーディ2ボギーで2つスコアを伸ばし、通算1アンダー。9つ順位を上げて50位タイで2日目を終えている。最終日の活躍に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ディックススポーティンググッズオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!