ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 全英シニアオープン
期間:07/25〜07/28 ロイヤルバークデール(イングランド)

首位にG.サウアース 倉本が11位タイの好発進、井戸木は23位タイ

2013/07/26 09:20

◇米国シニア◇全英シニアオープン選手権 初日◇ロイヤルバークデール(イングランド)◇7,082ヤード(パー70)

今季、5つある米国シニアツアーのメジャー最終戦で好スタートを切ったのは、シニアツアー2年目のジーン・サウアース。強風により伸び悩む展開の中、後半15番からの3連続を含む4バーディ、1ボギーの「67」をマークして単独首位に躍り出た。

PGAツアー通算3勝を経て、昨年8月にシニアデビューを果たしたサウアース。しかし、それ以前は“スティーブンス?ジョンソン症候群”という発症例が少ない皮膚病にかかり、長らくツアー離脱を強いられていた。「僕は恵まれていると思う。今、ここに居られることが嬉しいんだ」とサウアース。重病を克服した50歳が、メジャーの舞台で再びの輝きを取り戻そうとしている。

2アンダーの2位タイには、日本のシニアツアーでもプレーしているフランキー・ミノザ(フィリピン)ほか、デビッド・フロスト(南アフリカ)、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)、ピーター・シニア(オーストラリア)の4人が追随。1アンダーの6位タイに、ジョン・クックコーリー・ペイビンら5人が続く。

日本勢では、2バーディ、1ダブルボギーの「70」で回った倉本昌弘がイーブンパーの11位タイで最上位。友利勝良井戸木鴻樹が1オーバーの23位タイ、奥田靖己が3オーバーの48位タイ。須貝昇は13オーバーの137位タイと大きく出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。