ニュース

米国シニアグレーターヒッコリークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 グレーターヒッコリークラシック
期間:09/26〜09/28 場所:ロックバーンG&CC(ノースカロライナ州)

トップと4打差、青木功が9位に浮上!

2003/09/28 09:00


ノースカロライナ州のロックバーンG&CCで行われている米国チャンピオンズツアー第28戦『グレーターヒッコリークラシック』2日目。ラリー・ネルソンが確実にスコアを伸ばして首位をキープ。そんな中、日本の青木功が徐々にトップとの差を縮め9位に浮上した。

青木は7番、8番で連続バーディを奪い反撃ののろしを上げた。後半のハーフでさらに2ストローク伸ばし、通算7アンダートップと4打差の9位タイでホールアウト。2日間ノーボギーと安定したラウンドをしているだけに、明日逆転優勝に向けて期待がかかる。

<< 下に続く >>

初日8アンダーでトップに立ったネルソンは、バーディの後にボギーを叩く展開が続いた。しかし後半に入るとボギーを叩かない安定したゴルフ。この日3ストローク伸ばし、通算11アンダー単独首位に躍り出た。先々週「コンステレーション・エナジークラシック」で優勝したばかり。波に乗るネルソンは今季2勝目を狙う。

そのほか注目選手として、初日32位から2位に急浮上したジョー・インマンだ。出だしの1番、2番で連続バーディを奪い、幸先の良いスタート。さらに4番から7番まで4連続バーディで波に乗った。後半も順調にスコアを伸ばしていき、この日スコア63をマーク。トップと1打差まで詰め寄り、逆転優勝に大きく近づいた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 グレーターヒッコリークラシック




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!