ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全英シニアオープン
期間:07/24〜07/27 場所:The Ailsa コースatザ・ウェスティンターンベリーリゾート(スコットランド)

今度こそ取るか!? T.ワトソンがまたしても首位!!

欧州シニアツアーと米チャンピオンズツアー共同開催の「マスターカード全英シニアオープン」が、スコットランドのウェスティンターンベリーリゾートを開幕した。先週イングランドで「全英オープン」が行われたばかりだが、今週はシニア、そして次週は女子オープンと3週連続で全英メジャーシリーズが開催されるのだ。

初日首位に立ったのは、先週の全英でも初日首位に立ったトム・ワトソンだった。中盤の7番ホールから3連続バーディを奪うなど、この日は5バーディ、1ボギーというゴルフだった。首位ワトソンに並んだ選手がもう1人だけ存在する。トム・カイトだ。カイトはワトソンとは対象的にで、9バーディ、5ボギーという大味なゴルフを見せた。

<< 下に続く >>

首位とは1打差の3アンダーには7人の選手が集団を形成している。その中には、ディフェンディングチャンピオンとしての須貝が入っている。先週の全英では、予選2日間で23オーバーという数字を叩き出してしまった。ところがこの大会では別人のようなゴルフを見せている。

須貝は、2番ホールから順にバーディを奪い、10番ホールを終了して6アンダーの単独首位に立っていた。昨年は初日首位に立つと、そのまま4日間逃げ切ったのだが、今年も同じような展開が期待された。しかし、14番で初めてのボギーを叩くと、最終18番でも3つ目のボギーでフィニッシュ。3アンダーまで後退してしまった。

その他の日本勢では、青木巧が2アンダー14位タイ、高橋勝成が1オーバー31位、そして海老原清治とドラゴン滝が2オーバー49位につけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!