ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全英シニアオープン
期間:07/22〜07/25 場所:ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)

罠多きコースに挑戦!/「全英シニアオープン」選手コメント

1999年以来、久々に北アイルランドのロイヤル・ポートラッシュで開催される「全英シニアオープン」。今季参戦する選手の多くは初めてロイヤル・ポートラッシュでプレイする。初めて訪れた選手の度肝を抜くのが「フェアウェイは一体どこに?」と思わせるほどうねっている地形。デコボコの山間からピンフラッグが生えている、そんな第一印象を受けるコースだ。

サム・トーランス
「みんな第一印象では『フェアウェイがない』、と驚くけどそんなことはもちろんない。ちゃんとフェアウェイはあるし、とてもフェアなコースだ。そして素晴らしい挑戦だよ」

トム・カイト
「素晴らしいコースだよ。『全英オープン』が開催されていないのが残念だね。ただこのコースは距離を伸ばす予定がないんだ。7,000ヤードくらいだと思うけど、距離の要因で『全英オープン』向きでないとされてしまっているのだろう。しかしこのコースは距離は必要ないよ。とてもトリッキーで厳しいコースだ。深いラフにブッシュなど罠も沢山あるから」

中でも一番大きな罠が17番パー5のティショット時に目に飛び込んでくる大きなパットバンカー。台形のバンカーは高低差が25フィート。捕まったら後ろか横にしか出すことができない。

トム・カイト
「プロアマ戦のときにバンカーの中に入って上から写真をとってもらったんだけど、バンカーの中で上を見上げている僕は子供みたいに小さかったよ」

心配されていたディフェンディング・チャンピオン、トム・ワトソンの棄権は、ワトソンの強い意志で回避された。6週間前の首のケガから右腕の筋力が低下してしまい、試合から遠ざかっていた。

トム・ワトソン
「試合でどんなプレーができるかわからないけど、参戦したくてね。痛みは治まっているけど、最近まともにプレーしてない。練習ラウンドで周ったけど、素晴らしいコースだよ。リンクスコースの代表格といって良い最高のコースだ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。