ニュース

米国シニアSBCクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 SBCクラシック
期間:03/14〜03/16 バレンシアCC(カリフォルニア州)

G.モーガンは自滅。T.パーツァーが最終ホールで逆転、ツアー初優勝

米国チャンピオンズツアー(米国シニア)第6戦「SBCクラシック」が、カリフォルニア州・バレンシアにあるバレンシア・カントリークラブで開催された。大会2日目に大雨でコースに水溜りができてプレー不可能となり、1人もスタートすることなくサスペンデッドとなった。これに伴い、トーナメントも36ホールに短縮されることが決定した。

優勝したのは、レギュラーツアーで5勝を挙げたトム・パーツァーだった。前半4番ホールから4連続バーディを奪ったパーツァーだが、その後はボギーも叩き、優勝争いから抜け出すことができなかった。しかし、最終ホールとなる18番パー5で快心のイーグルを奪い、9アンダーでフィニッシュ。後続組を待つことになった。

同じく9アンダーで並んでいたのは、第1ラウンドで首位に立ったギル・モーガン。7アンダーでスタートしたモーガンは、順調にスコアを伸ばし、最終18番パー5で10アンダーまで伸ばし優勝を狙った。しかし、目算はもろくも崩れた。バーディを逃しパーセーブでもプレーオフという場面で、ボギーを叩き自滅してしまった。

パーツァーもプレーオフの準備をしていたが、思わぬ勝利に戸惑いすら見られた。2001年からシニアツアーに転向し、3年目のシーズンで初優勝を果たした。

今週日本からは、海老原清治だけが出場。青木功は、中国で行われた「ダイナスティカップ」の日本チームキャプテンとして出場したためだ。海老原は第1ラウンドで2オーバー38位につけていたが、最終日はスコアを伸ばせず2オーバーは変わらず。順位を5つ下げ、43位で終了した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 SBCクラシック




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。