ニュース

米国シニア全米シニアオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米シニアオープン選手権
期間:07/28〜07/31 場所:インバーネスクラブ(オハイオ州)

O.ブラウンが快走!室田は20位タイに後退

オハイオ州のインバーネスクラブで開催されている、米国チャンピオンズツアーのメジャー第4戦「全米シニアオープン選手権」の3日目。前日が日没サスペンデッドになったため、この日は第2ラウンド残りを21名がプレーし、その後決勝第1ラウンドが行われた。

最終日を首位で迎えることになったのは、通算15アンダーまでスコアを伸ばしたオリン・ブラウン。7バーディ、1ボギーと、この日も安定感のあるゴルフで初日からの首位をキープ。17番、18番の上がり2ホールでは2日間続けてバーディを奪い、2位に2打差を付けている。

<< 下に続く >>

通算13アンダー単独2位は5アンダー2位タイからスタートしたマーク・オメーラ。こちらもブラウン同様上がり2ホールで連続バーディを奪うなど、5ストローク伸ばして逆転優勝のチャンスをうかがう。通算9アンダーの3位タイにはジェフ・スルーマン、ピーター・シニア(オーストラリア)、ジョイ・シンデラー、マーク・カルカベッキアの4人が並んでいるが、首位とは6ストローク離れているだけに、最終日に爆発的なスコアが要求される。

そして、2日目を暫定7位タイで終えた室田淳は、前半を2アンダーで折り返したが、終盤の16番から最終18番で3連続ボギーを叩いてしまった。通算4アンダーとスコアを1つ落とし、20位タイまで後退。湯原信光は3バーディ、3ボギーで通算2アンダーをキープし、29位タイで最終日を迎える。なお、2日目を終えて通算3オーバーでホールアウトしていた尾崎直道は、1ストローク足りずに、倉本昌弘とともに予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 全米シニアオープン選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!