ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米シニアプロ選手権
期間:05/26〜05/29 場所:バルハラゴルフクラブ(ケンタッキー州)

室田淳「自分のゴルフをするのみ」メジャー優勝に王手!

ケンタッキー州にあるバルハラゴルフクラブで開催されている、米国チャンピオンズツアーのメジャー第2戦「全米シニアプロ選手権」、2日目のサスペンデッドによる未消化ホールと併せて行われた3日目。70位タイのカットラインで、日本勢では、室田淳倉本昌弘加瀬秀樹の3選手が決勝ラウンドに進出した。

3日目、初日から首位をキープしている日本の室田と、ヘイル・アーウィンが通算9アンダーで首位タイに並び、最終日を迎える。2日目まで好調をキープしていた室田だったが、この日は3バーディ3ボギー1ダブルボギーの2オーバーでホールアウト。途中、背中に痛みが走り、呼吸さえもままならなくなるアクシデントに見舞われた。2日目を終えた時点で、後続と4打あったその差は1打に迫られ、難コースを前に苦戦を強いられながらも首位をキープしている。

<< 下に続く >>

「今日はパープレーでラウンドすることに集中していた。11番(のボギー)と、12番(のダブルボギー)は悔やまれる。背中の痛みは医者に診てもらうほどではないので、少しの休養をとって、明日に臨む」。数々のレジェンドを残してきたアーウィン、トム・ワトソンとの最終日の優勝争いについて聞かれると、「(2人と)ラウンドできることはとても幸せだ。今日はあまり良いゴルフができなかったが、明日は自分のゴルフをする。前や後ろに誰が回ろうと、室田のゴルフ、室田のゲームをする」と勝利への執心を胸に、ビッグタイトルを懸けて明日に挑む。

続く通算8アンダーの単独3位にはトム・ワトソン、通算7アンダーの単独4位には、トレバー・ドッズが続いている。予選通過を果たした倉本は通算6オーバーの56位タイ、加瀬は通算11オーバーの72位タイで3日目を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 全米シニアプロ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!