ニュース

米国シニア三菱電機選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 三菱電機選手権
期間:01/21〜01/23 場所:フアラライGC(ハワイ州)

R.コクランが首位をキープ!昨年覇者のT.ワトソンが2打差で追う

ハワイ州ハワイ島にあるフアラライGCで開催されている、米国チャンピオンズツアー開幕戦「三菱電機選手権」の2日目。初日に自己ベストの「62」をマークしたラス・コクランが、通算17アンダーで単独首位に立っている。

初日に2つのイーグルを奪うなど、勢いの止まらないコクランは、今日も安定したプレーで7つのバーディを奪う好調さを見せた。36ホール、ノーボギーのラウンドで初日から首位を死守している。

<< 下に続く >>

続く単独2位には、8バーディ、1ボギーの「65」でラウンドした昨年覇者のトム・ワトソン。初日の順位をキープし、首位のコクランとは2打差。2年連続の優勝となるか、明日のチャージに期待がかかる。

単独3位には、ジョン・クックが続いている。クックは、1番をバーディ発進とすると、続く3番、4番で連続バーディを奪取、直後の6番から8番までを3連続バーディとし勢いに乗った。前半最終ホールの9番をボギーとするが、後半の12番から14番で再び3連続バーディを奪って、スコアを8つ伸ばし通算14アンダーで3位に浮上した。

明日の最終日、優勝争いに加わるにはバーディ量産が必須と予想される。上位陣は、2010年のツアー優勝者として名を連ねた名手ばかりだ。2011年の開幕戦を飾るのはいったい誰なのか、注目の最終日を迎えることとなる。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 三菱電機選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!