ニュース

米国シニア東芝シニアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 東芝シニアクラシック
期間:03/19〜03/21 場所:ニューポートビーチCC(カリフォルニア州)

首位T.パーツァーは停滞、飯合がスコアを伸ばしてアンダーパーに

2004/03/21 09:00


カリフォルニア州ニューポートビーチCCで行われている、米国チャンピオンズツアー第7戦「東芝シニアクラシック」の2日目。大会初日スコア“60”を叩き出し、ロケットスタートを決めたトム・パーツァーだったが、この日は出入りの激しい展開となった。

パーツァーは前半2番と4番でバーディ、10番から12番まで3連続バーディとこのまま独走態勢に入るかと思われた。しかし13番でダブルボギーを叩くと、16番17番で連続のボギーを叩いてしまう。結局スタート時と変わらず通算11アンダーでホールアウト。

<< 下に続く >>

首位が足踏みしている中、後続がスコアを伸ばしてきたため、上位は一変して混戦に。モリス・ハタルスキーがパーツァーと並び11アンダー。1打差の10アンダーには、ケイ・ファーガス、ジョン・ジェイコブスがつけている。

そのほか、大会初日は不本意なスコアだった飯合肇だが、この日は出だしの3ホールで3連続バーディを奪うなど、スコアを4つ伸ばした。2日目を終えて通算1アンダー、68位から41位に順位を上げた

一方、大会初日に好スタートを切った青木功だったが、この日はスコアを5つ落とす大乱調。12位から58位へズルズルと後退している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 東芝シニアクラシック




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!