ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英シニアオープン
期間:07/21〜07/24 ロイヤルアバディーンGC(スコットランド)

T.ワトソンがプレーオフを制す!G.ノーマンは初参戦初優勝ならず

スコットランド、ロイヤルアバディーンGCで行われている、米国チャンピオンズツアー第17戦「全英シニアオープン」の最終日。18番ホールを終えて、トップにはトム・ワトソン(アメリカ)とデス・スミス(アイルランド)が通算4アンダーで並び、プレーオフへ突入。これに見事勝利した、ワトソンが、2度目の「全英シニア」の栄冠を手に入れた。

勝負の明暗が分かれたのは、プレーオフの3ホール目だった。スミスが8番アイアンで放ったボールがグリーン右サイドのポットバンカーへ。これによりボギーを叩いてしまい、ワトソンに勝利の女神が微笑んだ。レギュラーツアーでメジャー8勝を挙げ、シニアでメジャー4つ目のタイトルを入手した55歳が、久しぶりに輝きを取り戻した瞬間であった。

さらに、前日3位タイにつけ、シニアツアー「初参戦初優勝」を狙った、ホワイトシャークことグレッグ・ノーマン(オーストラリア)は、出だしの1番、2番で連続バーディを奪うなど、この日6バーディ、3ボギーと追い上げを見せた。最終の18番でもバーディを決めてギャラりーを沸かせたが、惜しくも1打届かず、通算3アンダーの単独3位でフィニッシュ。そのほかの注目選手では、最終日2位スタートとなった、クレイグ・スタドラー(アメリカ)が通算1アンダーの単独4位で競技を終えている。

最後に日本勢だが、海老原清治が3つスコアを落とし、通算9オーバーの16位タイ。友利勝良は4つスコアを伸ばしたものの、通算10オーバーの23位タイ。青木功は2つスコアを落として、通算14オーバーの36位タイ。そして新関善美もスコアを大きく崩して、通算21オーバーの63位タイという結果に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。