ニュース

アジアンYeangderトーナメントプレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

悪天候で54Hに競技短縮 谷昭範は17位、木下稜介が29位に浮上

◇アジアンツアー◇Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権 3日目◇林口インターナショナルG&CC(台湾)◇パー72

大会2日目は降雨による雨天順延となり、大会3日目に第2ラウンドと第3ラウンドの実施を発表していたが、大会事務局は1日36ホールの完遂が困難と判断し、競技を54ホールに短縮することを発表した。

この日行われた第2ラウンドでは、首位と1打差3位から出たミゲル・タブエナ(フィリピン)が7バーディを奪う「65」をマークして、通算11アンダーで単独首位に立った。

通算9アンダーの2位にナティポン・スリトン(タイ)、林文堂(台湾)の2選手が並んだ。

日本から出場している谷昭範は4バーディ、1ダブルボギーの「70」でプレーして、通算4アンダーの17位。108位から出た木下稜介は6バーディの「66」でプレーして、通算3アンダーの29位に大きく順位を上げている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。