2017/04/28Yeangder ヘリテージ

竹安俊也は57位に後退し決勝ラウンドへ 韓国の23歳首位

ナティポンスリトン、21歳のダンタイ・ブーンマ(いずれもタイ)と通算6アンダーで並び、若手がリーダーボードをけん引して大会を折り返した。 ハビエル・コロモ(スペイン)が通算5アンダーの4位で続いた
2016/12/01オーストラリアPGA選手権

スコットは3差暫定5位 悪天候で未消化ホールは翌日順延

(オーストラリア)は1イーグル3バーディ、1ボギーの「68」でプレーして、4アンダーの暫定5位。同じく5位にニック・カレン(オーストラリア)、ナティポン・スリトン(タイ)、トッド・シノット(オーストラリア
2016/07/29キングスカップ

首位サプラマイに豪州のベテランが並ぶ

・モーリシャスオープン」で7位に入った。 1打差の3位にヨアキムB・ハンセン(デンマーク)。地元タイ勢のスティジェット・クーラタナピサン、ナティポンスリトン、南アフリカのヤコ・アーラースのほか、台湾
2016/11/17BRI-JCBインドネシアオープン

スリトンが首位発進 日本勢は高橋賢が19位

賞金総額30万ドルで2年ぶりに開催されることになった大会。悪天候による中断で日没サスペンデッドとなり、2日間にわたって第1ラウンドをプレーした23歳のナティポン・スリトン(タイ)が、8バーディ
2016/11/08リゾートワールド・マニラマスターズ

タブエナが母国で2勝目を狙う

、最終日に首位に4打差の4位からスタートしたルーキーのナティポン・スリトン(タイ)が67を出して、逆転でツアー初優勝した。 大会には、フィリピン出身で賞金ランキング6位のミゲル・タブエナが出場。9月下旬
2016/05/13ヨーロピアンツアー公式

強風のモーリシャスで首位発進のドット

初日を3アンダーとした。 アルゼンチンのエスタニスラオ・ゴヤも同じく首位から3打差につけた。 インドのチラフ・クマール、南アフリカのジェイブ・クルーガー、そしてタイのナティポン・スリトンは2アンダー、そしてディフェンディングチャンピオンのジョージ・クッツェーは1アンダーの大会初日となった。
2015/10/10Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

悪天候で54Hに競技短縮 谷昭範は17位、木下稜介が29位に浮上

(フィリピン)が7バーディを奪う「65」をマークして、通算11アンダーで単独首位に立った。 通算9アンダーの2位にナティポン・スリトン(タイ)、林文堂(台湾)の2選手が並んだ。 日本から出場している谷昭範は4
2015/11/13ワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナル

谷昭範が暫定25位に浮上 川村昌弘は暫定106位

の選手がホールアウトできなかった。通算3アンダーの暫定首位に、ともにタイ出身のナティポン・スリトン(11H終了)、チンナラト・ファダンシル(12H終了)の2選手が並んだ。 通算2アンダーの暫定3位に
2015/11/21リゾートワールド・マニラマスターズ

谷昭範は6位→24位 川村昌弘10位→32位に大きく後退

アンダーの4位にはカルロス・ピゲム(スペイン)とナティポン・スリトン(タイ)が並んだ。 2日目に「67」をマークして6位に浮上していた谷昭範は1バーディ、3ボギーの「74」と崩れ、通算6アンダーの24位に
2015/11/12ワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナル

川村昌弘は暫定113位と出遅れ 王情訓ら4選手が首位

ホールアウトできずにサスペンデッドとなった。スコット・バー、サム・ブラゼル(ともにオーストラリア)、ワン・ジョンフン(韓国)、ナティポン・スリトン(タイ)の4選手が2アンダーで並び、暫定ながら首位タイ