ニュース

アジアンCIMB ニアガ インドネシアマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 CIMB ニアガ インドネシアマスターズ
期間:04/23〜04/26 ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)

ウェストウッドが5打差独走 塚田陽亮は6位に後退

◇アジアンツアー◇CIMBニアガ インドネシアマスターズ 3日目◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇7340yd(パー72)

7位からスタートしたリー・ウェストウッド(イングランド)が1イーグル、6バーディ、1ボギー「65」をマークし、通算8アンダーの単独首位に浮上。後続に5打差のリードを築き、優勝候補の大本命がタイトルに王手をかけた。

イーブンパーで折り返した後半に、圧巻のチャージを見せた。12番(パー5)のイーグルから5連続バーディへとつなげ、イン「29」を記録する鮮やかなラストスパート。初日から混戦が続いていたリーダーボードを、ムービングデーに独走態勢へと一変してみせた。

通算3アンダーの2位に、Y.E.ヤン(韓国)、トーマス・ビヨーン(デンマーク)、ナムチョーク・タンティポカクル(タイ)の3人が続く。

首位と2打差の3位から出た塚田陽亮は「73」と落とし、通算1アンダーの6位に後退。木下稜介は通算3オーバーの30位、川村昌弘は通算10オーバーの61位で最終日を迎える。

関連リンク

2015年 CIMB ニアガ インドネシアマスターズ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~