ニュース

アジアンチェンマイゴルフクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 チェンマイゴルフクラシック
期間:03/28〜03/31 場所:アルパインGリゾート(タイ)

平塚、北村が決勝進出!首位は依然マークセン

◇アジアンツアー◇チェンマイゴルフクラシック 2日目◇アルパインゴルフリゾート(タイ)◇7,471ヤード(パー72)

地元タイで躍進を続けるプラヤド・マークセンが、この日も5ストローク伸ばし通算12アンダーで単独首位をキープしている。初日が9回、2日目は7回とパー3以外の14ホールでのフェアウェイキープ率は57%。決して高い数字ではないが、アイアンショットのキレとパッティングでスコアを伸ばしてきた。

<< 下に続く >>

通算10アンダー2位タイはディグビジェイ・シン(インド)、ジョナサン・モア(米国)、そして地元タイではマークセンよりも実績を持つトンチャイ・ジェイディが並んでいる。トンチャイは7バーディ、ノーボギーのラウンドでこの日のベストスコアタイとなる「65」をマーク。16位タイから急浮上してきた。

今週、日本からは8人が出場。初日に27位タイにつけた平塚哲二が、スコアを4つ伸ばして通算6アンダー17位タイに浮上。同じく27位タイスタートの北村晃一は、2アンダーをキープ。辛うじて予選を通過した。

一方、初日に131位タイと出遅れていた中里光之介が、5ストローク伸ばす健闘をみせたが、通算イーブンパーで予選落ち。小林正則市原弘大宇佐美祐樹の3人も予選落ち。久保谷健一片岡大育の2人は第2ラウンド途中で棄権となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 チェンマイゴルフクラシック




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!