GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 JLPGA明治乳業カップの最新ゴルフニュースをお届け

さぁ最終戦。久保樹乃がまず首位

順位 選手名 通算 合計
1 久保樹乃 -3 69
2 塩谷育代 -2 70
2 福嶋晃子 -2 70
4 小久保由美 -1 71
4 本山裕子 -1 71
4 リーウェンリン -1 71
7 井上葉香 0 72
7 大場美智恵 0 72
7 岡本綾子 0 72
7 金萬壽 0 72

スコア詳細を見る

シーズン最終戦。そしてみんなが必死になる公式戦。まず初日のトップを走りだしたのは若い久保樹乃。昨年初優勝で自信をつけてはいるが、今季は可もなし不可もなしといったところ。ぜひもう1勝して昨年の勝利をフロックと言わせないようにしておきたい。

久保は5バーディ、2ボギー。「1番2番バーディで出たんですが、いつもその後で崩れてしまいます。今日は最初のバーディがないつもりで、パーをとろうと頑張りました」と久保。 メジャーの4日間競技になると「お酒飲んでるわけでも、タバコ吸ってるわけでもないのに手が震えてしまうんです」とか。 どうしたら震えがなおるのか、悩んでいる。お酒でも飲んでみようか、とも考えた。なんとか最終戦は気持ちよく終わりたいという。

2位には福嶋晃子、塩谷育代。塩谷はバーディ2つ。あとはスコアカード通り。「スコアのことは考えませんでした。初日ですし、こだわっていません。ショットも安定していたんですけど、ま、こんなものでしょう」
福嶋晃子は5バーディ、3ボギーと激しい。「拾いまくりました。パーセーブが必死。この内容でこのスコアなら大満足です」
いいですね。決着がついてしまったとはいえ賞金レースの1位と、こちらは未確定の2位候補がそろって顔を出した。若手ベテラン、みんな死に物狂いです。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。