GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

まず川岸良兼首位。金子、中島も好位置の発進!

順位 選手名 通算 合計
1 川岸良兼 -5 66
2 金子柱憲 -4 67
3 中嶋常幸 -3 68
3 横尾要 -3 68
3 L.ウェストウッド -3 68
3 E.エルス -3 68
3 谷口徹 -3 68
8 P.テラバイネン -2 69
8 F.ファンク -2 69
8 J.スルーマン -2 69

スコア詳細を見る

いよいよ始まった総額2億5000万円のビッグトーナメント。初日はまず川岸良兼が首位を走った。2位には金子柱憲中島常幸。中年(?)パワーが健闘している。横尾要谷口徹、ウェストウッドもいい位置でスタートした。

川岸良兼は1イーグル、5バーディ、2ボギー。「今日は真っ直ぐ狙いのティショッがみんな左巻きばっかり。でもスウィングできるところにボールがあったのでラッキーだった。7番のイーグルで波に乗れました」
今日はジャンボ尾崎とプレーした。「先週の内容がよかったんで、ジャンボに良くなったところを見せようと楽しみでした」 ちょっと意識しすぎて出だし3番くらいまではおかしくなってしまったという。

金子柱憲も久しぶりの好調だった。「久しぶりです。みんな、まさかと思ったでしょう」と笑った。春先から左ひざや右肩に故障がでた。このところの不調で、まだプレーに不安が見え隠れするという。「でも結果は出ていないけど、ずっと良くなっている兆候があるんです」
関係ないが3700グラムの赤ちゃんが生まれた。「可愛いですよ。子供も生まれたことだし、もう今年のような思いはしたいくないです」

中島常幸がまたもや出てきた。この前は途中で沈んでしまったが、今週はなんとか4日間をもたせたい。「このコースは大好きなんだ。自然にやる気があふれてくるね。無意識のうちに真剣になってるんだ」


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?