2020/09/05フジサンケイクラシック

勝ったら「ZOZO」 星野陸也、比嘉一貴、小斉平優和の意欲

こと、やることがいっぱいある。そういう試合に出たい」と2年連続出場を望んだ。 2打差の3位につける比嘉一貴は昨年、直前まで争った出場権争いに敗れた。「ことしは日本からは出られないのかなと思っていた
2020/06/01KBCオーガスタ

男子ゴルフ 8月最終週「RIZAP KBCオーガスタ」が中止に

見送り、来年の大会実施に向けた準備作業を十分な時間をかけて進めるべき、との結論に至りました」と連名でコメントを出した。 前年大会で初優勝を挙げた比嘉一貴は「スタート時に僕ら選手がリクエストした曲を流し
2020/02/27ニュージーランドオープン

小鯛竜也と比嘉一貴が2打差5位の好発進 星野陸也は出遅れ

・エックルスと豪州勢が1打差で続いた。 2014年から日本ゴルフツアー機構(JGTO)とパートナーシップ契約を結んでいる大会には、日本勢も多数エントリー。小鯛竜也と比嘉一貴が5アンダー5位タイと好発進
2020/09/05フジサンケイクラシック

星野陸也が単独トップ 選手会長・時松隆光が1打差2位に浮上

被害を受けたという。台風10号の行方、6日の天気予報も気になるばかり。「被害が最小限になれば…と願っています」と思いは故郷にもある。 通算6アンダーの3位に「67」と伸ばした比嘉一貴。35位から出た
2019/09/03佐藤信人の視点~勝者と敗者~

大物たちと重なる世界観 比嘉一貴への期待

国内ツアー「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」は24歳の比嘉一貴選手が、大会記録を4打更新する通算26アンダーで初優勝しました。 日本ゴルフツアー機構(JGTO)によれば、身長158
2019/12/20

2年目で新人賞 比嘉一貴「確実にステージアップ」

8月「KBCオーガスタ」でツアー初優勝を遂げたプロ2年目の比嘉一貴は19日、東京都内のホテルで日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)の「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」(新人賞)表彰式に出席した。同
2018/11/15ダンロップフェニックス

「きょうは勝てた」比嘉一貴と松山英樹の関係

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 初日(15日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7027yd(パー71) 23歳の比嘉一貴が“松山先輩”に胸を張る好発進を決めた。前半6番までに
2018/11/25カシオワールド

9人が初めてのシード権 大槻智春、嘉数光倫、比嘉一貴ら

。「来年はすぐに優勝できるように。勢いがあるうちに勝ちたい」と力を込めた。 同じく下部ツアー出身の比嘉一貴は今年がプロデビューイヤーだった。終盤戦にトップ10を3試合続け、出場9試合で賞金ランク60位