2018/05/12ABバンク・バングラデシュオープン

ココシンスキーが初優勝 比嘉一貴が14位

バングラデシュ出身のザマル・ホサイン・モラーと、ジョン・カトリン(アメリカ)が続いた。 4人が決勝ラウンドに進んだ日本勢は、22位スタートの比嘉一貴が「68」と3つ伸ばして通算4アンダーの14位タイ。長谷川
2019/12/13中古ギア情報

中古で買える?男子ツアーの実力派ドライバー

宮本勝昌、堀川未来夢、比嘉一貴が使用する。重心距離が短いので、ヘッドをターンさせて飛ばす人、コントロール性能が高いので、球筋を操りたい人に向いている。中古ならこちらも3万円くらいから選ぶことができる
2019/12/11

渋野日向子が新人賞と特別賞 初のダブル受賞/GTPA選出

萌寧、原英莉花が選出され、古江彩佳が特別賞を受賞した。男子は新人賞に比嘉一貴、特別賞に金谷拓実(東北福祉大3年)が選ばれた。 渋野はルーキーイヤーながら国内4勝を挙げ賞金ランキング2位。8月の「AIG
2019/11/25世界ランキング

今平周吾が34位に浮上 松山英樹は20位/男子世界ランク

なかった。 日本勢の3番手は107位の星野陸也(1ランクダウン)。114位に石川遼(5ランクダウン)、139位に堀川未来夢(1ランクダウン)、141位に比嘉一貴(2ランクアップ)、153位に時松隆光(1ランクダウン)が続いた。
2019/11/07HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

首里城の焼失に思うこと 活躍を誓う“チーム沖縄”

お伺いを立てて、微力ながら役に立てることを考えたい」と続ける。まずは今週について「盛り上げることが一番ですね」と話し、県勢のひとりとして活躍を誓った。 沖縄県勢は多良間伸平、富村真治、比嘉一貴、正岡竜二、アマチュアの新城ディラン唯人を加えた計8人が出場する。(沖縄県恩納村/塚田達也)
2019/10/29ZOZOチャンピオンシップ

ウッズ歴史的Vのテレビ視聴率は9.0%

平均視聴率で最も高かったのが比嘉一貴が制した9月「RIZAP KBCオーガスタ」の6.4%(テレビ朝日系列/13時55分から85分)だった。
2019/10/17日本オープン

B.ジョーンズ首位発進 星野陸也が1打差2位

、岩田寛、比嘉一貴、藤本佳則が1アンダーの3位に並んだ。 2季連続の賞金王に向け、同ランキング1位の今平周吾や藤田寛之、塩見好輝らがイーブンパーの7位につけた。 前回古賀ゴルフ・クラブで開催された08年
2019/10/19日本オープン

2日連続順延に 塩見好輝が暫定首位 今平周吾2位

となった。後半10番まで終えたツアー未勝利の29歳、塩見好輝が通算4アンダーで暫定首位に立っている。 ともに10ホールを終了した、昨季国内ツアー賞金王の今平周吾が通算1アンダーで暫定2位につけ、比嘉
2019/10/06トップ杯東海C

ノリスが涙のツアー4勝目 秋吉翔太と時松隆光が1打差2位

隆光が並んだ。2位から出た比嘉一貴は1バーディ、4ボギーの「74」とスコアを落とし、J.ジェーンワタナノンド(タイ)、佐藤大平と並んで通算6アンダー4位に終わった。 昨年の賞金王・今平周吾は「74」で
2019/10/08ブリヂストンオープン

「ZOZO」出場権かけた決戦 今平周吾は今季初勝利なるか

ホストプロの堀川未来夢は9位、比嘉一貴が11位から逆転のチャンスをうかがう。 また、優勝者は来年7月の世界選手権シリーズ「WGCフェデックスセントジュード招待」の出場資格も獲得する。
2019/09/26パナソニックオープン

今平周吾ら3人が首位発進 石川遼は73位

「いま日本で1番上手い周吾と一緒に回れて感謝です」と互いに敬意を示した。 1打差の5アンダー4位に9月「RIZAP KBCオーガスタ」で初優勝を飾った比嘉一貴、ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)ら3
2019/10/04トップ杯東海C

今平周吾が堀川未来夢に並び首位に 石川遼は後退52位

回り、通算6アンダーとして堀川未来夢と並んで首位に浮上した。 1打差の2位にショーン・ノリス(南アフリカ)。初日首位だった比嘉一貴は「71」とスコアを伸ばせず、4アンダー4位に後退した。トップから3打
2018/06/28南秋田カントリークラブみちのくチャレンジトーナメント

比嘉一貴が首位タイ 宮里美香は出遅れ136位/AbemaTVツアー

の第1ラウンドが行われた。「66」をマークした比嘉一貴とキム・ジョンヨン(韓国)が5アンダーの首位タイ。どちらにも同ツアー初優勝がかかる。 1打差の4アンダー3位タイに遠藤彰、すし石垣、塚田好宣ら7人
2019/09/23世界ランキング

ジョン・ラームがトップ5入り 松山は26位/男子世界ランク

アップ)、110位に石川遼(1ランクダウン)、145位に比嘉一貴(1ランクダウン)と続いている。 1位のブルックス・ケプカから4位のジャスティン・ローズまで変動はなく、タイガー・ウッズも8位のままだった。
2019/09/17シンハン ドンヘ オープン

史上初の日・韓・亜3ツアー共催競技が韓国で開幕

で換算)で、獲得賞金は国内ツアーの賞金ランキングに加算。優勝者には3ツアーのシード権が付与される。 国内ツアーからは昨季賞金王の今平周吾、前週の「ANAオープン」で今季2勝目を飾り賞金ランキングで2位につける浅地洋佑のほか、今季勝利を挙げている大槻智春、星野陸也、堀川未来夢、比嘉一貴らが出場する。