最近のニュース 新着一覧≫


2020/01/14GDOEYE

多彩なショットとは 星野陸也が突き詰める道

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 最終日(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70) 星野陸也は多彩な球筋を操るのが好きだ。絶え間なく吹き荒れる強風との戦いにもなった今
2020/01/18SMBCシンガポールオープン

ハワイから連戦の星野陸也は不満の「68」 23歳が感じる課題

もうまったく満足できない。星野陸也は「68」をマークして通算6アンダー10位で終えたムービングデーの後も、悔しさいっぱいに「良い流れで来ていたのに…すぐにボギーでストップしてしまう。難しい。風が変わる
2020/01/13ソニーオープンinハワイ

成長と課題 星野陸也は米ツアー挑戦の思いを新たに

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 最終日(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70) 2年連続2度目の出場となった星野陸也は45位フィニッシュで前年67位を上回ったが
2020/01/11ソニーオープンinハワイ

日本でもハワイをイメージ 星野陸也は成長を実感

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 2日目(10日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70) 星野陸也は予選通過に並々ならぬ執着があった。「1月1日からハワイに来て調整して
2020/01/09ソニーオープンinハワイ

賞金王&世界50位 星野陸也は飛躍の一年へ元日渡米

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 事前情報(8日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70) 新たな1年が始まった1月1日、星野陸也は早くも機上の人となっていた。「日本だと寒いし
2019/12/04日本シリーズJTカップ

ベンツは譲れない? 星野陸也も今平周吾をロックオン

ランキング2位ショーン・ノリス(南アフリカ)だけじゃない。星野陸也は、今季から日本ゴルフツアー機構(JGTO)とのオフィシャルパートナー契約締結に伴って名称が変更となった「メルセデス・ベンツ トータル
2019/12/06日本シリーズJTカップ

プロゴルファーも歯が命?星野陸也が単独首位キープ

、1995年のことだった。翌96年に生まれた星野陸也は、まさに歯の大切さを実感している。 昨年12月から歯列矯正を始めた。少しかみ合わせが悪く、虫歯やあごの痛み、就寝時の歯ぎしりに悩んでいたのが理由だ
2019/12/06日本シリーズJTカップ

星野陸也が首位キープ 1差2位にノリス、今平周吾は7位

◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目(6日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70) 単独首位からスタートした星野陸也が、前半6番(パー5)でイーグルを奪ったほか
2019/09/22シンハン ドンヘ オープン

同郷・畑岡奈紗が刺激に 星野陸也は日本人トップ

◇国内男子・KPGA・アジアン◇シンハン ドンヘ オープン 最終日(22日)◇ベアーズベストチェオンナGC(韓国)◇7252yd(パー71) 首位と5打差の7位から逆転を狙った星野陸也は1イーグル2
2019/09/04フジサンケイクラシック

1年間で体重5kg増 パワーアップした星野陸也が大会連覇へ

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 事前(4日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71) 前年大会で後続に5打差をつけ、ツアー初優勝を“完全優勝”で飾った星野陸也が、パワーアップ
2019/08/31KBCオーガスタ

もつ鍋、ラーメン、もつ鍋…星野陸也は6位浮上

◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 3日目(31日)◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡県)◇7103yd(パー72) 首位と8打差の24位タイから出た星野陸也が、1イーグル8バーディ
2019/09/03フジサンケイクラシック

星野陸也が初の大会連覇に挑む 石川遼は今季&大会3勝目を狙う

。 ディフェンディングチャンピオンは、星野陸也。国内屈指のロングコースで後続に5打差をつけ、通算16アンダーとしツアー初優勝を完全優勝で飾った。前週「RIZAP KBCオーガスタ」を2位で終え波に乗る23歳は初の大会連覇へ
2019/07/02優勝セッティング

ランの出にくいコースで新1W投入 星野陸也の優勝ギア

大会名:ダンロップ・スリクソン福島オープン 日時:2019年6月27日(木)~6月30日(日) 開催コース:グランディ那須白河ゴルフクラブ(福島県) 優勝者:星野陸也 最終日が中止となり、3日目を
2019/06/30ダンロップ・スリクソン福島オープン

星野陸也「やってもたぶん優勝」描き続ける成長曲線

。悪天候のコースコンディション不良で最終ラウンドが中止となり、前日通算20アンダー首位とした23歳の星野陸也が今季初優勝を手にした。昨年「フジサンケイクラシック」に続くツアー通算2勝目。短縮競技で賞金